腸トラブルの原因は??

腸トラブルは万病のサイン

下痢や便秘などの便通の異常がある、おなかが痛い、おなかが張る、ゴロゴロ鳴る、おならが出る…。日常生活のなかでしばしばみられる腸のトラブルを「いつものことだから」とあきらめて治療をせずに放置していませんか。
下痢や便秘といった腸トラブルには、過敏性腸症候群(IBS)以外にもさまざまな病気が隠れている恐れがあります。特に、長い期間にわたって、何度も繰り返し起こる腸トラブルには、大腸がんや腸の炎症を伴う病気など、重篤な病気と関係があることも考えられます。
まずは、いつもの腸トラブルが、重篤な病気ではないことをきちんと確認することが重要です。

もしかしたらこんな病気の可能性も…

繰り返す下痢や便秘、腹痛、おなかの不快感は、ウイルスや微生物の感染やがんなどが原因でも起こる症状です。こうした腸トラブルは、原因を特定して、一時的なものか、継続して起こるものなのかを確認したうえで、適切な治療を行う必要があります。
では、慢性的な腸トラブルが起こる可能性のある病気にはどんなものがあるでしょうか。
IBSの診断では、まず、次のような深刻な病気ではないことを確認し、腸自体には異常がみられないこと、精神的ストレスが引き金となって症状が起こっていることなどを確認していきます。

※以下の疾患は代表的なもので、すべての疾患を網羅しているわけではありません。

広義の炎症性腸疾患(IBD)

潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎ってどんな病気?

潰瘍性大腸炎は大腸に慢性的な炎症が起きて、粘膜が傷ついてえぐれた状態(潰瘍)になったり、ただれたりする病気です。炎症の範囲がお尻の方から口の方向へと連続的に広がっていくのが特徴です。
主な症状は、下痢、血の混じった便(血便)、粘液と血の混じった便(粘血便)、おなかの痛みなどです。ひどくなると1日に10回以上も粘血便や血便が出るようになり、こうした症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
発症に男女差はなく、若い人からお年寄りまでかかりますが、男性では比較的若い人に多くみられるといわれています。
潰瘍性大腸炎の原因は残念ながらまだ明らかになっておらず、今のところ、(1)遺伝(2)食べ物や化学薬品などの環境(3)免疫機能の異常――が重なり合って病気が引き起こされるのではないかと考えられています。

潰瘍性大腸炎の診断は?

まずは、これまでの経過やかかったことのある病気などについて問診が行われ、次に、血便を起こす可能性のある感染症と区別するために細菌検査を行います。さらに、腸の炎症や潰瘍がどの程度で、どのくらいの範囲に広がっているのかを調べるために、X線や内視鏡の検査をします。

潰瘍性大腸炎はどうやって治療するの?

治療の基本は薬による治療ですが、重症の場合や薬の効果が期待できない場合には手術が必要となります。
現在、残念ながら潰瘍性大腸炎を根本的に治す薬はありません。ですから、治療の目的は傷ついた大腸の粘膜を修復したり、炎症を抑えたりして下痢や腹痛などが起こらないようにコントロールすることとなります。そのためには、医師の指示どおりにしっかり薬を飲むことはもちろん、生活習慣の見直しと改善に努めることが大切です。まずは、症状を悪化させる原因のひとつであるストレスを避け、睡眠をたっぷりとり、疲れをためこまないようにします。さらに脂っこい食べ物や刺激の強い香辛料やアルコールを控えるなど、食生活にも気を配ることが重要です。多くの患者さんは、薬と生活習慣の見直しで症状が改善しない場合には手術が選択されることもあります。

クローン病
クローン病ってどんな病気?

クローン病は、口から肛門までの消化管に炎症が起きたり粘膜が傷ついてえぐれた状態(潰瘍)になる病気です。炎症や潰瘍は小腸と大腸によくみられ、下痢、腹痛、血便といった腸の症状だけでなく、発熱や体のだるさ、体重が減るといった全身の症状も悪化します。男女別では、男性に多く発病するといわれており、10~20歳代で多くみられます。
クローン病の発症には、遺伝的な要因が関係しているという説や、ウイルス・細菌に感染することによって引き起こされるとする説など、さまざまな説が挙げられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。最近の研究では、遺伝子の異常がクローン病発症に関係していること、免疫の異常な反応が病気を起こす引き金となっているのではないかと推測されており、発症の原因を特定するために、さらなる研究が進められています。

クローン病の診断は?

まずは、これまでの症状や経過などについての質問に答える問診から始まります。その後、便の検査、血液検査を行います。また、おなかの中の様子を詳しく調べるために、X線や内視鏡を使って消化管の内部を画像でみる検査を行います。

クローン病はどうやって治療するの?

クローン病の原因は未だに不明で、残念ながら根本的な治療法はありません。そのため、治療の目標は腸に起きた炎症を抑えて、下痢や腹痛などの症状を和らげ、不快な症状が現れない状態を保つこととなります。ですから栄養を補いながら炎症などの症状を軽くするための治療を行います。
実際には、腸に刺激を与えるのを避けて安静を保ち、腹痛や下痢の症状を改善するため、低脂肪で食物繊維を控えた食事を摂ることが勧められています。
薬物療法としては、腸の炎症を抑える薬や、下痢などの症状が出ない状態を保つために免疫を調整する薬が用いられます。
もし、ひどい炎症によって腸がふさがってしまったり、腸の壁に穴が開いてしまったりした場合には、食事や服薬による治療が難しいことから、手術が行われることもあります。

感染性腸炎
感染性腸炎ってどんな病気?

感染性腸炎とは、大腸や小腸が細菌、ウイルスなどに感染して、下痢、腹痛、嘔吐、発熱、血便などの症状を起こす病気です。
感染性腸炎の原因には、細菌、ウイルス、寄生虫、かびなどのさまざまなものが挙げられます。この中でも特に私たちに身近なのは、細菌とウイルスによる腸炎です。細菌性腸炎は、サルモネラ、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌、腸管出血性大腸菌などが原因となり引き起こされます。ウイルス性腸炎は日本における感染性胃腸炎の80~90%を占めます。原因ウイルスとしては、ロタウイルス、腸管アデノウイルスなどが知られています。どちらの場合も、原因となっている細菌やウイルスが体内からいなくなれば、下痢や嘔吐といった症状は短期間のうちに改善されますが、お年寄りや持病のある方など、体力が衰えている場合は注意が必要です。

感染性腸炎の診断は?

感染性腸炎は、感染型と毒素型という2つに大きく分けることができます。感染型では、細菌やウイルスが腸管の粘膜に感染することによって症状を起こし、毒素型では、細菌がつくり出す毒素によって症状が起こります。
毒素型(ブドウ球菌、ボツリヌス菌など)は、原因菌に汚染された食品を口にしてから発症するまでの時間が、4~12時間、感染型(サルモネラ、腸炎ビブリオ、O-157など)では12~24時間といわれており、こうした発症までの時間から原因をある程度推測することができます。より正確に原因を特定するためには、便をとって、その中にいる細菌やウイルスを探し出す検査を行います。
なお、ウイルス性腸炎では、感染した時期のウイルスの流行の度合い、最近旅行をしたかどうか、家族や周囲に同じような症状の人はいないかといった患者さんのまわりの状況や、これまでの症状の経緯、便の性状などの問診からの情報が診断のカギとなります。

感染性腸炎はどうやって治療するの?

下痢や嘔吐により、身体の水分が少なくなっていますから、水分を補うことが最優先されます。症状が軽い場合はスポーツドリンクなどを飲むだけでよいのですが、脱水症状が進んでいる場合には点滴をすることもあります。
また、腹痛、下痢、嘔吐などの症状を和らげる目的で、それぞれの症状に応じた薬が処方されることもあります。さらに、体の抵抗力の弱いお年寄りや小さなお子さんには、原因となる菌をいち早く体からなくすために、抗生物質が用いられることがあります。

アレルギー性腸疾患
アレルギー性腸疾患ってどんな病気?

たまご、牛乳などの特定の食物を体が異物だと判断することで、腸内でアレルギー反応が生じ、下痢、嘔吐、腹痛などの症状を起こす病気です。アレルギー反応には、原因となる食物を食べて数分から1時間で発症する即時型反応と、数時間から2~3日で発症する非即時型反応があります。よくみられる下痢、嘔吐、じんま疹や呼吸困難の症状が現れるのは即時型反応です。乳幼児では肛門の周りが赤くなることがあります。

アレルギー性腸疾患の診断は?

似た症状を起こすほかの病気と区別するために、まずは血液検査、便検査、画像検査などを行います。さらに、診断を確実にするために負荷テストといって、実際にアレルギーの原因と思われる食物をを少量摂り、嘔吐、下痢、血便、湿疹、発熱などの症状や、血液検査の値をみる検査を行うことがあります。

アレルギー性腸疾患はどうやって治療するの?

アレルギーのもとになる飲食物をとらないことが第一です。そのことで不足してしまう栄養はほかの食品や薬、あるいはアレルギーの原因となる成分を除いた代用品を食べたり飲んだりすることで補います。
また、症状が重い場合には、まず一切の食べ物の摂取を中止し、輸液による治療を始めます。そして、症状がある程度治まってから栄養を摂る治療法に移ります。

虚血性大腸炎
虚血性大腸炎ってどんな病気?

大腸の血液の流れに障害が起こり、大腸の粘膜に血液が行き渡らなくなって炎症や粘膜が傷ついてえぐれた状態(潰瘍)ができ、突然の腹痛、下痢、下血を起こす病気です。主に大腸の左側に起こることが多いといわれています。
原因は、血液を運ぶ血管と腸のそれぞれにあり、お互いに影響しあうことで発症すると考えられています。
血管側の問題には、動脈硬化、血栓や塞栓により血の流れが滞ることが挙げられます。腸の問題としては、慢性の便秘や、浣腸の使用などによって腸の中の圧力が上昇し、腸の壁が圧迫され、血流が妨げられることが原因として考えられています。ですから、血管側の原因である動脈硬化や、血流低下を起こしやすい病気をもともと持っている人に虚血性大腸炎は発症しやすいと考えられています。また、高齢者や便秘がちな人にも比較的多くみられるといわれています。

虚血性大腸炎の診断は?

虚血性大腸炎は、突然の腹痛と、それに伴う嘔吐や下痢・下血が特徴です。まず問診で、こうした症状があったかどうかが確認されます。
さらに、内視鏡検査や注腸造影検査を行っておなかの中を詳しく調べます。

虚血性大腸炎はどうやって治療するの?

ほとんどの場合は、手術をすることなく、入院をしながら食事を中止して安静にし、点滴、抗生物質や痛みなどの症状を和らげる薬を用いることにより、1~2週間で良くなることが多いです。ただし、腸がふさがっていたり、血液が十分に届かなかったせいで腸の細胞や組織が死んでしまっているような重症の場合には、その部分を取り除くための手術が必要になります。

大腸憩室炎
大腸憩室炎ってどんな病気?

大腸の壁の一部が飛び出し、袋状になったもののことを憩室といい、その袋が便などで満たされて細菌が増殖し、周辺に炎症を生じる病気を大腸憩室炎といいます。便秘気味の人や、中年から高齢の方に多くみられます。憩室の炎症は日本人ではおなかの右側に起こりやすく、腹痛、下血、軽度の発熱などの症状がみられます。
憩室は、腸の中の圧力が高くなることが原因となり、大腸の壁の弱い部分から粘膜が押し出されることで生じると考えられています。

大腸憩室炎の診断は?

血液検査を行い、炎症が起きているかどうかを調べます。さらに、腹部CT検査を行って、憩室の位置や、炎症がどの程度広がっているのかを調べます。注腸造影検査や内視鏡検査によっておなかの痛みがある部位を調べて、憩室を発見できると診断に非常に有用なのですが、おなかの症状がひどい場合には検査よりも、まずは治療を優先させます。

大腸憩室炎はどうやって治療するの?

ほとんどの場合は、食事を中止し、輸液や抗生物質を用いることでだんだん良くなってきます。しかし、出血がひどい場合や、憩室に穴が開いている場合には手術が必要になります。
また、何度も憩室炎をくり返すと大腸が徐々に細くなってきて、便やガスの通りが悪くなり、便秘やおなかの膨満感といった不快な症状が続きます。そのため、手術をして大腸の細くなった部分を取り除くことがあります。

消化・吸収に関する疾患

吸収不良症候群
吸収不良症候群ってどんな病気?

吸収不良症候群とは、タンパク質、脂質、糖質、ビタミンなどの栄養素がうまく消化・吸収されず、栄養素が不足して低栄養や栄養失調などの栄養障害を引き起こす病気です。
栄養素が消化・吸収されるには、(1)腸での消化(2)小腸粘膜での吸収(3)吸収された栄養素の運搬という3つの工程があり、栄養が吸収されて体の隅々に行き渡るには、これらの過程が滞りなく円滑にはたらいている必要があります。吸収不良症候群は、これらの工程のいずれかに、炎症が起きたり、できものが出来たりして異常が起こったために引き起こされると考えられています。
吸収不良症候群になると、腸での消化吸収が障害されることが原因で生じる下痢、トイレの水にプカプカと浮かぶ脂肪便、腹部の張りといったおなかの症状のほか、栄養素やビタミンが不足することが原因で起こる体重減少、やせ、貧血、口内炎などの全身の症状も現れます。子どもが吸収不良症候群になった場合には、成長障害と二次性徴の遅れ・低下に特に注意する必要があります。

吸収不良症候群の診断は?

栄養状態を知るために血液検査をして血清中のタンパク質やコレステロールの値を調べたり、体の消化・吸収機能が正常に働いているかをみるために、糖分の多い飲料水を飲んで行う経口ぶどう糖負荷試験といった検査を行います。また、脂肪の吸収の仕方を知るために便検査をします。
さらに、吸収不良症候群の原因となる病気や患部を調べるために、CT検査、MRI検査、X線検査、内視鏡検査を行うこともあります。

吸収不良症候群はどうやって治療するの?

治療の原則は、吸収不良症候群を起こす原因となっている病気を治療することです。しかし、残念ながら治療法がない病気もなかにはあります。
その場合には、栄養の補充や、食事による治療を行います。栄養や食事は点滴などからではなく、なるべく自分の口から摂って治療することが原則となります。また、下痢を抑えるための薬も用いられます。

大腸隆起性疾患

ポリープ、ポリポーシス
ポリープ、ポリポーシスってどんな病気?

ポリープとは、大腸の粘膜がいぼのように盛り上がった腫れ物のことをいいます。大腸全体に発生しますが、特にS状結腸と直腸に発生しやすいといわれています。40歳代から増えはじめ、年をとるにつれてできやすくなるといわれており、女性と比べて男性に多くみられます。
ポリポーシスは、ポリープが大腸をはじめ、小腸やほかの消化管に100個以上生じた状態のことをいいます。
症状は、ポリープが小さい場合にはほとんどありません。ポリープが大きくなると盛り上がった突起に便がこすれて出血し、便に血がついたり、腹痛や下痢、おなかが張る、便が出にくいといった自覚症状が出てきます。ポリープの大きさや発生した場所によっては、便を見ても血がついていることが分からず、検査をしてみて初めて血便に気がつく場合もあります。
ポリープは、食事などの生活習慣と遺伝が絡み合って起こる病気で、発症には、特に、食生活の欧米化の影響が大きいと考えられています。肉やバターたっぷりのパンやお菓子といった動物性脂肪の摂取量増加は腸内の発がん物質を増加させ、繊維質の摂取量減少は便の排出を遅らせます。その結果、腸内に発がん物質が長時間とどまることとなり、ポリープができやすくなると考えられています。
一方のポリポーシスは、主に遺伝子の異常が原因で起こりますが、なかには遺伝に関係ないポリポーシスもあります。

ポリープ、ポリポーシスの診断は?

ポリープやポリポーシスの診断には、便に血が混じっていないかどうかを調べる便潜血反応検査を行います。さらに大腸の中の状態を詳しく調べるために大腸内視鏡検査や注腸造影X線検査といった検査を行います。最近では、検査中にポリープを見つけたら、その場でポリープを切りとって治療したり、ポリープの一部をとってさらに詳しい検査に回すことのできる大腸内視鏡検査が優先して行われています。

ポリープ、ポリポーシスはどうやって治療するの?

ポリープにはそのまま放置しておいても大丈夫な良性のもの、がんになる恐れのあるものなど、いくつかの種類があります。がんになる可能性のあるものは、すぐに内視鏡や手術で取り除きます。一方、がんになる可能性のない良性のものは無理に取り除かず、経過をみます。
ポリポーシスの場合は、ポリープが多数、広い範囲に存在するため、内視鏡で取り除くことはほとんど不可能です。そのため、将来がんになる可能性が高いとされる遺伝性のポリポーシスがみつかった場合には、がんになるのを予防するために手術で大腸を切除します。しかし、大腸以外にみつかった場合では、がん化する恐れが極めて低いので、予防的な手術の必要はないとされています。

大腸がん
大腸がんってどんな病気?

大腸がんは、日本人に多いがんで、その患者数の多さから5大がんのひとつとされています。男女比をみると男性に多く、年齢別では高齢になるほど発生の頻度が高くなります。 多くの大腸がんは大腸の粘膜にできた良性の腫瘍が、がん化することによって起こります。また、良性の時期を経ずに粘膜ががん化する場合もあります。
大腸がんは、直腸、結腸、肛門にできるがんの総称で、共通してよくみられる症状は、繰り返す下痢、便秘、血便、下血が挙げられます。特に便に血が混じる血便は、大腸がんによく起こる症状として知られています。
大腸がんの原因としては、食生活の欧米化や遺伝的な要因が考えられています。

大腸がんの診断は?

大腸がんが疑われると、がんがある部位や広がり方を調べるために、指を肛門から直腸に入れて異常を調べる直腸指診や、X線やカメラで腸の中を見る検査が行われます。さらに、超音波やCT・MRIといった画像診断機器を用いて詳しく腸の中の様子を確認する検査を行います。

大腸がんはどうやって治療するの?

大腸がんは、がんの進行度合いによって6つの段階に分類されます。それぞれの段階にあわせた治療が行われますが、大きく分けて「内視鏡治療」「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」の4つがあります。

内視鏡治療 内視鏡を用いて、大腸の内側からがんを取り除く方法です。
手術 手術によってがんがある部位を取り除く方法です。手術では、がんのある腸管とリンパ節を取り除きます。
放射線療法 X線などの特殊な光をがんのある場所にあて、がん細胞を小さくしたり、消滅させたりする方法です。
抗がん剤治療 がん細胞が増えるのを抑え、成長を遅らせる薬を用いて、がんを治療する方法です。

※大腸がんの治療は、患者さんの病状や状況に合わせて行われます。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

イレウス(腸閉塞)
イレウス(腸閉塞)ってどんな病気?

イレウスは、小腸や大腸の中にある食べ物が運ばれにくくなったり、完全に滞ってしまい、肛門方向に運ばれなくなることで起こる病気で、腸の中に食べ物がたまってしまうため、おならや便が出なくなる、おなかが張る、吐き気がする、おなかが痛いといった症状が現れます。
腸がふさがれる原因には大きく2つあります。
ひとつは機械的腸閉塞といって、腸の中に食べ物の塊や硬い便などの異物が詰まったり、がんやポリープなどの腫瘍ができる、あるいは、腸同士が重なりあったり、ねじれあうなど、物理的なことが原因となって腸がふさがれる場合です。
もうひとつは、機能的腸閉塞といって、腸に命令を出している神経が障害されて腸の動きが低下することで、腸の中の食べ物が運ばれなくなってたまっていき、腸がふさがれる場合です。

イレウス(腸閉塞)の診断は?

これまでにおなかの手術をしたことがあるかどうか、おなかはどのように痛むかといった経過、便やおならの有無などについて確認するための問診や、聴診、打診、触診などの腹部診察が行われます。そして、診断を確実にするために、腸がふさがっていることを確認するX線検査が行われます。

イレウス(腸閉塞)はどうやって治療するの?

イレウスはすぐに原因を除かないと、急激に悪化して死に至る病気です。おならや便が出ない、おなかが張る、吐き気や嘔吐がある、おなかが痛いといった症状があったら専門の病院を受診し、一刻も早く適切な治療を受けることが大切です。
まずは食べ物や飲み物を摂ることを中止し、チューブを鼻などから入れて腸に詰まっている内容物を取り除きます。さらに、機械的腸閉塞の場合は、腸のねじれや腸をふさいでいるできものなどを手術によって取り除きます。機能的腸閉塞の場合には、腸の運動を促す薬の投与や浣腸をして便を排泄させるなどの治療をします。

急性虫垂炎
急性虫垂炎ってどんな病気?

急性虫垂炎は、右下腹部にある虫垂に炎症が起こる病気です。何らかの原因で虫垂の中にある空間が狭くなったりふさがったりしたところに、感染が加わることで発症するといわれています。虫垂炎は子どもからお年寄りまで幅広い年齢で起こる病気ですが、10~20歳代に比較的多くみられ、10歳以下の子どもやお年寄りで起こることは少ないとされています。また、女性より男性のほうに比較的多くみられます。
虫垂炎にはこれといった定まった症状はありませんが、みぞおちの痛み、腹痛から始まることが多いといわれています。数時間経つと痛みが右下の腹部に集中してきて、それに伴ってだんだんと吐き気や嘔吐が現れます。初期には37℃くらいの発熱がみられることもありますが、腹膜炎といって、おなかを覆っている膜にも感染がおよぶ重い炎症を起こしている場合には38~39℃の高熱がみられます。

急性虫垂炎の診断は?

急性虫垂炎が疑われる場合、まずは問診でいつごろからどのような痛みが始まったのか、痛みがだんだんと強くなってきているかなどが確認されます。次に、触診を行います。虫垂炎になると、右下腹部とへその周りに強い痛みがみられることが多いからです。さらに、その痛みの強い右下腹部が「筋性防御」といわれる反射により、緊張して硬くなっているかどうかが確認されます。
また、血液検査を行い、感染症の原因となる細菌やウイルスと闘うために白血球の数が多くなっていることや、炎症が起きていることを示すCRPの値が高くなっていることを確認します。

急性虫垂炎はどうやって治療するの?

手術で虫垂をとる場合と、手術はせずに経過をみる場合があります。
手術は、炎症が軽い場合には短時間で済みます。手術のむずかしさは肥満度が影響しており、肥満の人に比べて痩せている人では安全だといわれています。
手術をしないで経過をみる場合には、まず飲食が禁止されます。そして、炎症を起こす原因となる細菌をなくすための抗生物質などを服用します。そのまま治ってしまうこともありますが、もし痛みが強くなったり、血液検査やおなかの触診で悪化がみられた場合には、ただちに手術となります。

IBSと似た症状を起こす病気は、上記以外にも考えられます。
命に関わる深刻な病気からそうでないものまで、多くの腸の病気は似たような症状が起こるため、症状のみから病気を特定することはとても難しいものです。ですから、医師による問診や詳しい検査を受けてはじめて確定診断ができるのです。

IBSと確定診断された患者さんには、これまで医師の判断で薬が処方されていましたが、このたび、医療用と同成分の薬が薬局やドラッグストアで購入できるようになりました。IBS再発症状改善薬セレキノンSの購入には、あらかじめ医師によってIBSと診断を受けることと、店頭薬剤師による症状の確認が必要です。お近くの薬局やドラッグストアが、日常におけるIBSのセルフメディケーションをサポートします。

IBSとは

数字でなっとく!過敏性腸症候群IBS

数字でなっとく!過敏性腸症候群IBS

セルフメディケーションで過敏性腸症候群(IBS)の改善を

セルフメディケーションで過敏性腸症候群(IBS)の改善を

IBSってなに?まんがでわかる過敏性腸症候群(IBS)

IBSってなに?まんがでわかる過敏性腸症候群(IBS)

ページTOPヘ